アラビクは大阪市北区中崎町にあるブック&ギャラリーカフェです。
http://www.arabiq.net/



<< きもちをあらたに | main | 黒色すみれ「乙女浪漫文庫・ノエルによせて」 >>
お嬢さん、ぼくと珈琲しないか。
 laranjaとはポルトガル語でオレンジという意味ですlaranjaです。


いま、季節のブレンドはブラジルの豆を使っています。
ブラジルはポルトガル本国に次ぐポルトガル語圏なのですが
”珈琲”という文化がブラジルのポルトガル語に入り込んで
独特のいいまわしを生んでいます。

たとえば、『あさごはんをたべる。』
これを tomar café da manhã:朝珈琲をのむ
と表現します。
また、『ちょっとお茶しない?』
これは、tomamos cafezinho! :エスプレッソのもうよ!
となります。

両者とも、必ずしも珈琲をのむわけではありません。
日本語でも、朝”ごはん”を食べたり、”お茶”をのむとは
限らないのと同じですね。
それぞれの行為を象徴するものが、
ブラジルでは珈琲なのです。

以上、
さわやかな週末のはじまりに珈琲小話を。
まだまだポルトガル語青二才のlaranjaがお送りしました。
(まちがいなど指摘していただけたら幸いです;)
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK