アラビクは大阪市北区中崎町にあるブック&ギャラリーカフェです。
http://www.arabiq.net/



<< 漫画交換会のお知らせ | main | 最合のぼる・黒木こずゑ『真夜中の色彩 闇に漂う小さな死』展 >>
9月9日は
 梨が好きですlaranjaです!

9月に入って、毎日すこしずつ
秋が近づくのを感じています。
さて、先週の日曜日は重陽の節句ということで
店主にお願いして菊の花を買ってきてもらいました。
1月1日、3月3日、5月5日、7月7日の節句は
あんなに華やかなのに……!
なぜか日本ではあまりメジャーでない9月9日。
重陽の節句、菊の節句です。
私がこの節句を初めて知ったのは、
高校の教科書に載っていたひとつの漢詩でした。
紹介しますね。

九月九日憶山東兄弟 王維

獨在異艢異客,
毎逢佳節倍思親。
遙知兄弟登高處,
徧插茱萸少一人。

九月九日山東の兄弟を憶ふ 王維

獨り異腓忘澆蠅動杁劼彼り,
佳節に逢ふ毎に倍す親を思ふ。
遙かに知る兄弟高きに登る處,
徧く茱萸(しゅゆ)を插して一人を少(か)くを。

だいたいの内容
一人で上京して見知らぬ土地で暮らしてるけど
お祝いの日になると家族のことをますます思い出すよ。
いまごろ兄弟はふるさとの丘に上って
みんな須臾の枝を頭に挿しているんだろうな。
ぼくはそこにいないけど。

高いところに上って須臾の枝を頭にさして
ご馳走を食べたり菊の花を浮かべたお酒を飲んだりするのが
9月9日のイベントだとか。

……楽しそうです。
9月9日は家族でピクニックの日!って
来年から流行らせませんか。
スポンサーサイト
授業でやったことが、ここでこんな風に生きるなんて!うれしくもあり、恥ずかしくもあり!・・・ありがとう。
月原 | 2012/09/11 23:58
月原先生
漢詩のなかではこれをいちばんよく覚えています。
高校の勉強も将来役に立つんだと、後輩たちにお伝えください(笑)
laranja | 2012/09/12 11:21
COMMENT









Trackback URL
http://arabiq.jugem.jp/trackback/479
TRACKBACK