アラビクは大阪市北区中崎町にあるブック&ギャラリーカフェです。
http://www.arabiq.net/



<< MIDOW展イベント要項 | main | MIDOW展招待作家展の販売方法について >>
アラビク企画展【夢想家たちの人形部屋〜赤の部屋〜】
 MIDOW展の直後、アラビクとご近所の画廊「短篇集」さんで関節人形の三人展を開催します。



 公募展、招待作家展に関わるアラビクがあえてこのタイミングでご覧いただく三人展には、勿論意図があります。
 かな、神原由利子、未央さんの人形はスタンダードに近い。『「型」とはイデアなんだなあ』というのは文楽人形を目の当たりにした作家の三浦しをんさんの言。関節人形には文楽のような「型」を語るほどの歴史がまだない、というのがわたしの意見なんですが、それでも多くの作家が思い描いていた「理想の人形」というのはそれぞれあって、そのイデアを目指す、というのはすべての作家にとっての課題なのだと思います。
 イデアとはなにか? 
 スタンダードさと言い切りましょう。ドッグショーで入賞する犬って、たとえば耳がピンとしすぎて凛々しすぎり、脚が長くて格好良すぎたりするとダメなんだそうです。その犬種の特徴をどれだけ備えているか、つまりスタンダードな姿であるかどうか、が基準なのだそう。
 そういえば「女子高生の平均顔」なんていう合成画像を見ることがありますが、おおむね「感じのいい」顔です。大きすぎも小さすぎもしない目、高すぎも低すぎもしない鼻……すべてが平均ですんなりしている。それこそがイデア。理想の美しさ。

 『夢想家たちの人形部屋〜赤の部屋〜』
 会期 2015年11月19日(木)-30(月)
    13:30-21:00(会期中水曜休)

 会場 〒530-0016 大阪市北区中崎3-2-14
    珈琲舎・書肆アラビク/Luft

 作家 かな・神原由利子・未央

 同時開催:『夢想家たちの人形部屋 〜青の部屋〜』
 会期 2015年11月20日(金)-24日(火)
            12:00-18:00(最終日-16:00)
 会場 〒530-0021 大阪市北区浮田2-7-9(乙女屋2階)
    Gallery 短篇集    


 そして、MIDOW展の招待作家作品を見逃したかたのために、乙女屋で一部の作品を継続展示します。
 

  人形・絵画展『coda』
 
 会期 2015年11月20日(金)-29日(日)
            (時間は追ってお知らせします)
 
 会場 〒530-0021 大阪市北区浮田2-7-9
    乙女屋
 作家情報も追ってお知らせします。緊張感のあるコンクール会場と違った、ほっとした人形たちの顔が見られると思います。


 それでは!

 
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://arabiq.jugem.jp/trackback/527
TRACKBACK