アラビクは大阪市北区中崎町にあるブック&ギャラリーカフェです。
http://www.arabiq.net/



FANTANIMA! in 関西 アラビクでの販売方法について

 FANTANIMA! in 関西の開催概要については以下ブログをご参照ください。

 

 http://arabiq.jugem.jp/

 

 当エントリーではアラビクでの主に初日の販売方法についてお知らせします。乙女屋での販売についてはこちら(http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-719.html?sp)をご参照ください。

 

 初日は整理券を用意します。 アラビクは住宅街にありますので、行列はお断りしています。開店時は両店舗とも混雑が予想されますので、ご協力ください。

 

 1.13:00より整理券を配布します。整理券=入場順番番号ではありません。

 

 2.開店時間の13:30より、抽選による入場番号順にご入店いただきます。

 

 3.入場は数名ずつとなります。

 

 4.入場番号順に精算をします。ご自身の順番が来るまで、作品を手に取る等のキープはできません。

 

 5.お一人2作品まで購入可能。(同一作家を2作品は不可)

 

 

 

 その他

 ● どの作品がどちらの会場に並ぶかはお答えできません。

 ● 通販対応は、5/23(木曜)13:30〜より受付します。

   連絡先

    アラビク(〒530-0016 大阪市 北区 中崎3-2-14 googlemapによるアラビク地図)

    乙女屋(〒530-0021 大阪市 北区 浮田2-7-9 googlemapによる乙女屋地図)

   *両店舗の間は徒歩4分程度です。最寄り駅は大阪メトロ中崎町ですが、阪急梅田駅からも徒歩圏内です(15分程度)。

   

    アラビク店主   https://twitter.com/arabiq_owner

    アラビク広報   https://twitter.com/arabiq_allstars

    アラビクtel          06-7500-5519

    アラビクmail    お問い合わせフォーム http://arabiq.net/contact   

    乙女屋 twitter イベント用アカウント   https://twitter.com/otomeya_info

 

    FANTANIMA! 公式情報 https://fantanima.blogspot.jp/

 

 

 

FANTANIMA! in 関西開催概要

 大盛況のうちに東京展の日程を終えたFANTANIMA! が今年も大阪にやってきます。

 

 FANTANIMA! 公式HP →http://fantanima.nonc.jp/

 

 2013年から今回で第7回。ロシア、ウクライナ、エストニア、ラトヴィア、リトアニア、ベラルーシ、日本等の100名以上の作家が出展します。 ぬいぐるみ、テディ・ベアの範疇で語りきれない独創的な動物モチーフの作品を展示販売します。

 

 5月13日追記:一部の作家は16日の初日に展示できない可能性があります。国内作家・海外作家とも、作品のクオリティをあげるため、ぎりぎりまで制作をしています。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 また、どの作家が途中で納品されるかなどのお問い合わせを含め、遠方からのお問い合わせへの対応は、5月23日(木)からの受付となります。両店舗とも少人数でよりより展示になるよう運営しております。状況をご斟酌いただけると幸いです。

 

 

 FANTANIMA! in 関西 概要

 

【会期】

   前期 2019年5月16日(木)〜5月28日(火)

   後期 2019年5月30日(木)〜6月10日(月)

   期間中 水曜のみ定休 前期は最終日まで作品展示 ・後期は即売(即売対象外作品もあります)

 

【会場】

   前期 2会場にて開催

     1.乙女屋(営業時間13:30〜18:30)

     2.珈琲舎・書肆 アラビク(営業時間13:30〜21:00/日祝〜20:00)

   後期 珈琲舎・書肆アラビク

 

【イベント】

   ファンミーティング 5月18日(土曜) 19:00〜 アラビクにて開催。(参加費 ¥1,000-)

   当日参加も是非。参加人数を把握するため、できるだけ事前にご連絡をいただけると助かります。   

 

【作家名】

   ※海外 一部を除き、東京展に準じます。Koshkina Tatyana (RUSSIA 関西展のみ出品)

   ※国内 青の羊/飯野モモコ/大西けい/kumsolt/黒川早恵美/K'S BEAR by.keiko/コリスミカ/新家智子/Studio yoyo/Takutoすがわら/とくいあや/中澤忠幸/中村キク/中山和美/Noe/フナヤマン/藤本晶子/Mile Paxton/ マツノハルミ/まな/maru/ 森馨/ミヤタケイコ/ゆうさくでげす/横道佑器/ よねやまりゅう/光恵

 

【連絡先】

   アラビク(〒530-0016 大阪市 北区 中崎3-2-14 googlemapによるアラビク地図)

   乙女屋(〒530-0021 大阪市 北区 浮田2-7-9 googlemapによる乙女屋地図)

   *両店舗の間は徒歩4分程度です。最寄り駅は大阪メトロ中崎町ですが、阪急梅田駅からも徒歩圏内です(15分程度)。

   

   アラビク店主   https://twitter.com/arabiq_owner

   アラビク広報   https://twitter.com/arabiq_allstars

   アラビクtel          06-7500-5519

   アラビクmail    お問い合わせフォーム http://arabiq.net/contact   

   乙女屋 twitter イベント用アカウント   https://twitter.com/otomeya_info

 

   FANTANIMA! 公式情報 https://fantanima.blogspot.jp/

 

 

   *遠方からのお問い合わせ対応は、5月23日(木曜) 開店時間(13:30〜)にて、受付します。 受付先は、アラビク、乙女屋、両店舗、どちらでも対応します。 店頭対応を優先するため、電話に出られない場合があります。 mail、またはツイッターリプライや、ダイレクトメールが確かな場合もあります。 受付時間開始前のお問い合わせは、無効です。 返信もできません。

   作品は、5/28まで展示にご協力ください。 後半会期(5/30〜)にアラビク店頭お渡しか、クロネコヤマト着払いで宅配にてお届けします。 詳しくは、個別に対応いたします。

 

 

企画主催 HAZEKI OFFICE 羽関チエコ

協力       チーム・コヤーラ/クラフトアート人形コンクール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神原由利子「ベビーローズ」の抽選について

 4月14日追記:抽選を終了し、当選者の方に連絡をいたしました。多数のご応募、ありがとうございました。

 

 会期中、桜が咲きましたね! 

 

 小さい人形展「きみをまつ花」は以下の概要で開催中です。会期は4月15日の月曜日までです。

 

 http://arabiq.jugem.jp/?eid=588

 

 通販可能な作品はhttps://twitter.com/Arabiq_allstarsでおもに紹介しています。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ先はhttp://arabiq.net/contact です。

 

 神原由利子「べビーローズ」をご納品いただきました。2体です。価格は各70,000(税込)です。

 

 この2体は抽選販売といたします。

 抽選受付期間は本日から4月14日(日曜)までです。店頭とウェブ上から受付ます。

 

 ウェブからは http://arabiq.net/contact 宛にお問い合わせください。

 申し込みの際、

  ・名前(郵送に用いますので本名をお願いします)

  ・ご住所、電話番号(郵送に用いますので、郵便番号も含めて正確にお願いします)

  ・返信用メールアドレス

  ・髪色が「赤毛の子」「プラチナの子」

 をお書き込みのうえ、お申し込みください。
  

 

 

 

企画展「きみをまつ花」追加作品:大山雅文「小箱の眠り(リューズ)」販売方法について

 三寒四温のとおり、今日は寒い大阪です。

 小さい人形展「きみをまつ花」は以下の概要で開催中です。http://arabiq.jugem.jp/?eid=588

 

 通販可能な作品はhttps://twitter.com/Arabiq_allstarsでおもに紹介しています。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ先はhttp://arabiq.net/contact です。

 

 さて、追加の作品として、大山雅文「小箱の眠り(リューズ)」3点が到着いたしました。

 本日より4月5日(金曜)まで、店頭で抽選受付をいたします。受付は店頭のみです。よろしくお願いいたします。

 

「小さい人形展 きみをまつ花」開催のおしらせ
和暦3月3日をはさむ会期での人形展、今年で4回目の開催です。
約30cm以下の人形を集めた”アラビクのひなまつり”。
「きみをまつ花」をタイトルに、国内で活躍中の作家に加えて
ロシアとウクライナからも春の到来を言祝ぐ作品が届きます!
*3月19日追記:販売方法を追記いたしました。スクロールして下記の要項をご確認ください。

<タイトル>

「小さい人形展 きみをまつ花」

 

<会場・連絡先>

珈琲舎・書肆アラビク

〒530-0016 大阪市北区中崎3-2-14

t/f 06-7500-5519

mail cake@qa3.so-net.ne.jp

twitter/Instagram @arabiq_allstars

 

<会期>

2019年3月21日(木)-4月15日(月)

会期中水曜定休

13:30~21:00(日祝〜20:00

<出展作家>

紅紫紗貴ひなら、オルガ・イヴァネロ、大山雅文、おぐらとうこ、片岡朋子、

神原由利子、きせか絵、近未来、Qeromalion鳴力、コリスミカ、shiro、

小川クロ、チェ・ヘヨン、てらおなみ、芙蓉、堀結美子、未央、美澄、

オクサナ・ムラトヴァ、芽々木、よしだゆか、タイス・レマンス、瞳屋(ドールアイ)

特別出品:リカちゃんコレクターY

 

3月19日追記:作品販売方法について

 

販売方法      会期中に店頭とインターネットで作品を販売します。インターネットでのご注文は3月25日以降の予定です。電話でのお問い合わせは受け付けません。メールフォーム(http://arabiq.net/contact)よりお問い合わせください。

          作品のお引き渡しは会期終了後(4月18日(木))以降、店頭もしくは郵送となります。

           *郵送の場合は原則として送料を別途申し受けます。      

                              通販が可能な作品に関してはhttps://twitter.com/arabiq_owner または https://twitter.com/arabiq_allstars で随時アナウンスをする予定です。 

          

 

抽選販売      神原由利子「リトルローズ」および大山雅文「sirenetta」に関しては、3月21日・22日に店頭で抽選を受け付けます。

          ・当選者には3月22(金)の午後9時以降、原則として電話(06-7500-5519)から連絡します。
           *メールでも連絡をいたしますが、3月23日(土)中にご返信のない場合、キャンセルとなります。
          ・作品代金は3月26(火)までに振込または店頭にご持参ください。
                                                以上

海外レビューサイト

 レビューサイトに関しては国内外を問わず、放っておくというスタンスである。批判的なレビューや、善意であっても的を射ていないレビューに反論することには、とても大きなストレスがかかる。12年前、開店したころはその書き込みに一喜一憂していたが、今は目の前にお客様がいらっしゃるので、気にしない。そもそも今は目にする時間そのものがない。

 以下はあとで英語に訳して再投稿する。

 

 しかし海外の一部のレビューサイトで、わたしが差別的であると書かれることがあり、困惑している。いまわたしは「わたし」と書いた。毎日多くのお客様が来店されるが、スタッフのうち、毎日働いているのはオーナーのわたしだけで、あとはふたりのパートタイマーである。

 したがってすべての批判の対象はわたしだと考えられる。

 

 わたしの店はとても小さく、席数も多くない。だから5組程度のお客様が入ると、もう満席だ。3人以上のお客さまは断ることが多い。また、席が空いていても、一人で仕事をしているときは珈琲を淹れられなくなるので、断ることがある。キッチンで珈琲を淹れながら、入り口に向かって大きな声で「入店できません」と言うのはとても乱暴に聞こえると思う。しかし他に方法はない。それはわたしが日本語を使っているときでも同じだ。

 また、少ない人数で店を開けていると、新規のお客様に珈琲をだすために20分以上かかることもある。そういうときは丁寧に珈琲を淹れられないので、入店を断ることもある。

 また、一部のお客さまは閉店している午前中などでも扉を開けて入ってくることがある。たとえ相手が女性でも、それは恐怖以外の何物でもない。そんなときは大きな声で出ていってください、ということもある。


 わたしは世界中の作家の小説を読んでいる。そしてギャラリーでは韓国、ロシア、ウクライナをはじめとした世界中のアーティストの作品を販売している。文学やアートは多様性を大切にしている。人種や宗教、セクシャリティに関して、わたしも当事者だから、お互いに尊重しあいたい。
 わたしのツイッターは日本語でしか書いていないが、プロモーションと、友人との交流、文学やアートへの批評、あまり上手ではないジョーク、そして歴史修正主義的な政治家や作家に対する批判がほとんどだ。
 だから差別主義者であると言われるのは不本意だ。


 ただし、権利を守るためには相手が誰であろうと強く注意することもある。たとえばほかのお客様が映り込みそうな写真、アートワークスを撮ろうとしている場合。

 
 それと、中崎町という小さな町は住宅街てあって観光地ではないのだから、住民のプライバシーが守られないような行動や、誰かの敷地に立って記念写真を撮ろうとする人には大きな声を出すこともある。そしてわたしに最も多く注意されるのは、日本人だ。

 先ほど書いたように、2人以下のスタッフで毎日多くのお客様の対応をする。だから細やかな「おもてなし」はできないこともある。

 しかしわたしは、すべての差別に反対である。間違いなく。
 

人形展「ユーラシアに咲く」

まだ見ぬ人形表現を求めて、2018年12月開催のモスクワArt of Dollsに赴きました。

『わたしの人形物語』及び関西のギャラリーが

力の入った展覧会を開催する「人形ウィーク2019」に合わせて、

アラビクでは、ロシア・ベラルーシ・ウクライナ他

ユーラシア大陸の作家による創作人形展を開催いたします。

解体・独立から30年近く経つ今も、

旧ソ連圏の国々をどこか近寄りがたく思っていませんか?
ヨーロッパアンティークドールの流れを汲みながら、

諸国の丁寧な手仕事文化と、

侘び寂びの良さを知る感受性が融合して、

刺激的な人形作品が数多く生まれています。

健やかで繊細な表現を是非ご覧ください!

人形展「ユーラシアに咲く」
会期:2019年2月14日(木)〜3月4日(月)
        13:30~21:00(日祝〜20:00)
        会期中水曜定休

会場:珈琲舎・書肆アラビク
         530-0016
         大阪市北区中崎3-2-14 
         tel/fax 06-7500-5519
         http://www.arabiq.net
         twitter/instagram @arabiq_allstars

珈琲豆が変わります

 2019年はうららかにはじまりました。寒いのかな。モスクワの氷点下を経験した今は、よくわかりません。モスクワで着ていたジャケットで気温5度の大阪を歩くと汗をかきます。

 

 さて、2007年の開業以前からプライベートでお世話になり続けていた天秤珈琲(http://tenbin.com/)さんが休業されることとなり、メニューの一部を変更することとなりました。天秤珈琲の町田さん、ありがとうございました。

 

 現在の天秤珈琲の在庫が無くなり次第、新しいメニューに切り替わっていきます。

 

 基本となる珈琲が3種類、という路線は変わりません。季節の珈琲と水出珈琲は変わらず、千葉のさかもとこーひー(http://www.sakamotocoffee.com/)さんに焙煎をお願いしています。また、各種アレンジ珈琲も変わらず。

 

 ブレンドには新たに札幌のアトリエ・モリヒコ(https://www.morihico.com/)さんの豆を使用することにしました。

 

 ホットコーヒーのメニューは以下の構成とします。

 

ロッソ(赤)

 情熱の甘い赤。完熟した真赤なコーヒーの実を、カラメル化するまで深く焙煎した甘味の強い珈琲豆をたっぷりと使います。

 

ネロ(黒)

 キレと苦みのストロングな黒。オプションでダークラム、カルヴァドス(各500円)などの甘みの強い蒸留酒とあわせるのもお薦めです。

 

季節の珈琲

 浅〜中煎り。マイルドでフルーティ。産地にこだわったクリーンな味。約2週間ごとに銘柄が変わります。

 

 それでは、今後とも珈琲舎アラビクをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

12月12日より19日まで閉店します
森馨個展「The End of the World」開催中ですが、12日(水)より19日(水)までスタッフ研修のため、閉店いたします。

その間、メールは読めると思いますが、返信等ができない可能性もあります。通販サイトの対応も同様です。

あしからずご了承ください。

森馨人形展『The End of the World』

AZATOI展は11月26日まで開催中です!

さて、12月は一年の締めくくりに、華やかな作品展をお送りします。

森馨さんの作品は細部を見ては繊細さにため息をつき、全体を見ては華やかさに心が浮き立つような……惹き込まれると同時に胸が高鳴ります。見ているうち、その動悸は人形のものかと錯覚するくらいに心が作品に近づいていく気がします。

 

森馨人形展

『The End of the World』


【会期】 2018/12/6(木)-28(金)
    (12/12(水)-19(水)休業)

【会場】珈琲舎・書肆アラビク

    13:30-21:00(日祝-20:00)

    

〒530−0016
大阪市北区中崎3−2−14

tel/fax  06-7500-5519

http://www.arabiq.net/
twitter/instagram: @arabiq_allstars
 

写真 吉成行夫

photography Yukio Yoshinari