アラビクは大阪市北区中崎町にあるブック&ギャラリーカフェです。
http://www.arabiq.net/



てらおなみ・集治千晶 二人展

 てらおなみ・集治千晶 二人展を開催します。


 人形作家として大阪で教室を主宰し、多くの門下生を輩出している、てらおなみと、国内外で高い評価を受けている版画家・集治千晶による二人展を、大阪市内の3会場で同時開催します。スタンプラリーなども(各会場先着20名)。

 

  会場ごとに雰囲気も変わり、作品の見え方もそれぞれ、となることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

「標本室」
会  期:2017年3月16日(木)〜3月28日(月)(定休:水曜日) 
営業時間: 13:30-21:00 (日祝-20:00)
会  場:珈琲舎・書肆/Luft アラビク
     大阪市北区中崎3-2-14
     電話/FAX|06-7500-5519
     アラビク広報 |@arabiq_allstars

     アラビク店主 |@Arabiq_owner

 

 

「クローゼット」
会  期:2017年3月16日(木)〜3月28日(火)(定休:水曜日)
営業時間13:30-19:00
会  場:乙女屋
     大阪市北区浮田2−7−9 
     電話|090-1915-9087
webからのお問い合わせ→https://otomeya.ocnk.net/contact
ツイッター 乙女屋 @sakuranousagiya

 

 

「engmatic flower」
会期 2017年3月16日(木)〜3月28日(月)(期間中無休) 
営業時間 11:00〜18:00 (土日祝〜17:00)

会場:乙画廊
   大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング101
   電話/FAX|06-6311-3322
ツイッター|@oto_gallery 

 

アンティークドール出品しました★エデンベベほしSFBJ

ちょうど放映中の読売ten、まだ見ていないのですが、店内の作品は何がうつったかな。山吉由利子、金子國義あたりを撮影していただいていました。

 

さて、テレビに映るのと時を合わせて露骨な宣伝ですいません。アラビクを含めた人形を愛する国際的ネットワーク、ヴィクトリアンドールジャパンとしてヤフオク!にアンティークドールを出品中です。

 

アンティークドール エデン・ベベ Eden Bébé Gaultier製 50 cm 1890頃製造

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w168996175 

 

ぬいぐるみは小道具です。

 

 

かわいいですよね。

 

 

下着ー。

 

ボディの状態もかなりいいですね。

 

 

ライトをあてて。目視できる傷などはありません。

 

 

ヘッドの中身。

 

状態のよさが見て取れるかと思います。

 

 

アンティークドール キャラクタードール230番 SFBJ 60cm 1900年頃製造

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w168361240 

 

SFBJです。

 

くまは非売品です。

 

かわいい……

 

神秘的とも言えます。

 

 

ボディも好印象。

 

 

ではでは、よろしくご検討ください!

 

 

 

 

 

 

ヤフオク出品しました★Jumeau製/テート・ジュモー/60cm/1895年頃製造
取り急ぎ個人アカウントからなんですが、ヤフオクにてアンティークドールを出品いたしました。憧れのジュモーです。ご興味をおもちいただいた方はふるってご入札くださいませ。
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r176940154
★Jumeau製/テート・ジュモー/60cm1895年頃製造
テート・ジュモー。1895年頃製造、60cm、オープンマウスにスリーピングアイ。 Tete Jumeauのヘッドマークがあります。頭部に目に見えるヒビはありません。
Jumeau製のボディはオリジナルで、パーツの付け替えはありません。
ボディと足はコンポジション、腕・手・脚は木でできています。ヒビ、カケもなくとても良い状態です。右膝のペイントに若干剥落があります。写真にてご確認ください。
ビスクヘッド、ペーパーウェイトのアイ。
 スリーピングアイで、きちんと閉じることができます。
 ウィッグもオリジナルのものを着用しています。
 シルクのドレス、同じくシルク製のアンダーウェア、革製の靴を着用しています。すべてオリジナルです。価格はこれら着衣を含みます。
★写真で人形が抱いているウサギとゾウのぬいぐるみは非買です。
価格:150,000円スタート(税、空輸代金込。別途国内送料 )
山吉由利子個展「Entre le  passè et le présent ふたつの時間」について

 神原由利子個展「初恋の肖像」たいへんなご高評を賜り、感謝しております。ありがとうございます。会期は28日(月)までです。お見逃しなく。

 

 さて、12月は山吉由利子の個展を開催します。恒例のようになっている、乙女屋との共催です。多彩な活動歴をおもちの山吉先生の作品を展示するには、ふたつの器が必要……今回はアトリエに置かれている旧作なども飾る予定です。古い時間、これからの時間、ふたつの場所……ということで、タイトルは「Entre le  passè et le présent ふたつの時間」としました。フランス語の直訳は「過去と現在のはざま」くらいの意味です。

 山吉由利子の作品に加え、オブジェの制作や人形展の演出で著名な菊地拓史の協力を得、オブジェなども展示します。

 また、今回は人形教室の先生であるという一面から、生徒作品としてカタヲカミカ、紅紫紗貴ひならの作品も展示する運びに。盛りだくさんです。

 

 山吉由利子個展「Entre le  passè et le présent ふたつの時間」

 

 会  期 2016.12.8(木)〜27日(火)

      会期中水曜休

 

 出品作家 山吉由利子

      菊地拓史

      カタヲカミカ・紅紫紗貴ひなら

 

 会  場: 乙女屋salon
      〒530-0021 大阪市北区浮田2−7−9
      13:30-19:00
        tel 090-1915-9087(連絡先)
                  mail  info@otomeya.net
                  URL   http://www.otomeya.net/

                 珈琲舎・書肆アラビク
      〒530-0016 大阪市北区中崎3-2-14
      13:30-21:00(日・祝20時まで)
      tel 06-7500-5519
                  mail cake@qa3.so-net.ne.jp
                  URL   http://www.arabiq.net/


 

 

 

神原由利子個展「初恋の肖像」作品販売について

 神原由利子初個展「初恋の肖像」いよいよ11月10日(木)から開幕となります。

 

 ファンの方をお待たせしてすみません。19センチビスクドール「リトル・ローズ」の販売方法についてお知らせいたします。

 

 1.初日に店頭にて抽選用紙を配布します。ご購入希望の方は店頭にて抽選をお申し込みください。作品価格は別途アナウンスしますので、しばらくお待ちください。

    イ)抽選申し込みは「おひとり様一体」とします。

    ロ)抽選結果は初日の営業終了後、当選者の方に連絡いたします。

    ハ)作品代金は11月15日(火)までに店頭にて直接ご入金いただくか、当方指定の口座にお振込いただきます。

    ニ)作品の引き渡しは、原則として会期最終日(11月28日)以降となります。店休日の対応はできませんので、ご了承ください。

 

 

 2.初日に抽選が成立しなかった作品に関しては、翌日以降twitterアカウント(@arabiq_owner)にて紹介します。

   メール(cake[at]qa3.so-net.ne.jp)にてご連絡ください。同一作品に複数の方の希望が重なった場合、こちらで抽選して当選者の方に連絡いたします。

 

 

 3.以上、販売方法や作品についての問い合わせは当店宛にお願いいたします。作家への直接の問い合わせは控えていただくようお願いいたします。

 

 *「リトル・ローズ」以外の作品についても、ツイッター等(@arabiq_owner または @arabiq_allstars )で順次紹介してまいります。購入等のお問い合わせへの返信は原則、営業終了後に行いますので、ご了承ください。

 

 

神原由利子個展「初恋の肖像」

 

会期 2016年11月10日(木)-28日(月)

   水曜定休・23日(水)は営業

 

会場 珈琲舎・書肆アラビク/Luft

   〒530-0016

   大阪市北区中崎3-2-14

   t/f 06-7500-5519

      mail cake@qa3.so-net.ne.jp

      URL http://www.arabiq.net   

 

 

神原由利子初個展 「初恋の肖像」のお知らせ

神原由利子初個展「初恋の肖像」を開催します。

 

大人気のミニビスクドール“リトル・ローズ”から新作まで、毅然としたまなざしの作品に宿るのは、無邪気さ、寂しさ、ユーモア、儚さ……あなただけに分かる表情があるはず。それに気が付いた瞬間が、初恋。

 

 

会期 2016年11月10日(木)-28日(月)

   水曜定休・23日(水)は営業

 

会場 珈琲舎・書肆アラビク/Luft

   〒530-0016

   大阪市北区中崎3-2-14

   t/f 06-7500-5519

      mail cake@qa3.so-net.ne.jp

      URL http://www.arabiq.net                                          

 

神原由利子 プロフィール

京都市立芸術大学美術学部デザイン科卒業

2011より大山冨美子氏に師事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

寺田楓個展「饒舌な花」 アラビク にて開催

 寺田楓 個展「饒舌な花」アラビク にて開催いたします。

 会期が変則ですが、前半後半で掛ける作品が少し変わります。

 

 若き作家による絹本を中心とした日本画です。花、植物、昆虫と女性像をおもなモチーフとしていますが、真骨頂は正確なデッサンをベースにしたフィクショナルな歪みに。ご期待ください。

 

 

 

寺田楓 個展「饒舌な花」

会期 1期:7月28日(木)-8月8日(月)  2期:8月11日(木)-8月22日(月)

場所 珈琲舎・書肆アラビク

   〒530-0016

   大阪市北区中崎3-2-14 

   t/f 06-7500-5519

         mail cake[at]qa3.so-net.ne.jp

 

 

 

 

craft art DOLL 2016刊行されます

『craft art DOLL 2016』(マリアパブリケーションズ刊)に記事を執筆しました。河野甲・河野滋子、相場るい児・海藤亜紀さんの制作風景を伝えております。取材をする中で印象に残ったのは、長く活躍する作家は制作環境を整えるのがうまいということです。

 

 まだ書店には並んでいないのかな。ええと、アラビクだと手に取っていただけます(婉曲表現)。アマゾンリンクは予約受付中とのこと。このリンクから買っていただくと当店にアフェリエイト収入というものが入ります。助かります。

 

 

2015年版も。こちらは素材と制作というテーマで井桁裕子、影山多栄子、高橋野枝(Noe)、山本じん、山吉由利子、吉村眸を紹介しています。

愛染ぱらぱらと有栖川有栖『幻坂』

 大阪にも三大祭があるのです。6月30日から7月2日にかけての愛染堂勝鬘院、通称愛染さんでのお祭りが皮切り。この3日のうち必ず一度は雨が降る、というので「愛染ぱらぱら」なる言葉があるんですが、今年はもう降らないかな。

 

 有栖川有栖さんの短篇集『幻坂』にもこの愛染パラパラをテーマにした小説が収録されていました。

 

「このへんは伶人町というけど、伶人というのは四天王寺で雅楽を奏でた楽人のことや。楽人が住んでいた町やからそう呼んでる。地名だけは、地震や火事にも戦災にも耐えて残るんやな」

「愛染坂」角川文庫版47

 

 

 

 古い土地と響きあうようにあらわれる幽霊たちと、そこに住む人間たちの物語が綴られた作品集。有栖川さんが得意とする推理小説は、物語の冒頭で死んだ人間が、生きている者たちによってその死の謎を解かれていく過程を描く(あるいは死者が生者たちを支配する、と言い換えてもいい)もので、それは殺された人間の尊厳を、生者たちが取り戻していくという物語でもある。

 

 作家のまなざしは大阪の土地や言葉にも向けられている。
 

  『山崎豊子自作を語る[人生編]』(2012,新潮文庫)を読んでいたところ、大阪弁は

「商業語、商人言葉としては複雑豊富なニュアンスを持っている」「その代り、ラヴシーンと心理の独白の時には大阪弁の弱さを感じる(中略)手をさし伸べて女を抱擁しようとする時(中略)「おいでやす」で、まるで一杯飲屋の客引きのような恰好になってしまう」 

「小説のなかの大阪弁」『山崎豊子自作を語る[人生編]』

 

とあった。大阪弁、恋愛を描くには向いていない、というのが山崎豊子の認識なんですが、有栖川さんは大阪弁を効果的に用いています。

 

 ロマンス小説の女性翻訳家が、死んだ先輩に語りかける二人称の小説「真言坂」ではこんな感じ。

 

“I’ll leave if you prefer”

そこでキーを叩く手が止まりました。

お望みならば、ぼくは消えるよ。

そう訳せばいいだけのようでいて、しっくりときません。こんな文章で迷うなんて、本当にプロの翻訳家なのか、と中学生に嗤われそうです。

(中略)

――ぼく、行くわな。

そんな声が耳の奥で聞こえました。

(中略)どこかあなたと似ているのです。小さな仕草、言葉の選び方、女性と話す際の間といったものが。(中略)もしかすると「ええやんか」なんて訳文をうっかり直し忘れているかもしれません。

角川文庫版 129-131

 

 大阪七坂の怪異をテーマにしているのですが、怪談だけでなくゴーストハントものなども含まれているので楽しい。人の営みとともに、土地の名を記録すること。土地の記憶を残すことも文芸作品の大きな役割。

 

スリズ『苺の妖精』販売中です #fantanima
スリズ『苺の妖精』が到着しました。

以下の画像からご希望の作品をご指定下さい。







1,2


3,4



5,6



7,8





1.通販はメール cake[at]qa3.so-net.ne.jp でお申し込みください。メールは本日、閉店後に開封しますので、閉店までに店頭で売れたものはご購入いただけません。

2.希望が重なっている場合はこちらで抽選をします。

3.成約しなかった作品は後日再度紹介しますので、お問い合わせください。

*その他
   ア)通販の申し込みにあたっては、【お名前・住所・電話番号】をメールにご記載ください。

   イ)抽選の申し込みはおひとり様1体まで。2体以上希望される場合、抽選後、未成約の作品からお申込みください。
       抽選結果の発表はこちらからメールに返信いたします。

   ウ)電話での受付、明日から受け付けます。なお、少人数で運営している店舗のため、電話を受けられない場合があります。