アラビクは大阪市北区中崎町にあるブック&ギャラリーカフェです。
http://www.arabiq.net/



(室長)仙台ブックカフェ廻り
 18切符シーズンなので仙台に行つてみた。日曜のことである。ネットでSFやミステリの古書を検索すると必ずヒットする、「火星の庭」(http://www.kaseinoniwa.com/)を見たかつたのだ。素晴らしかつた。
 幻想小説や女流文学、ビジュアル書の充実した棚がの充実ぶりはネットでもうかがへた通り。また、カフェ部門と書籍部門との(見た目での)バランスも半々と云ふ感じで好ましい。たいがいの店は「本も置いた喫茶店」か「カフェスペースもある古本屋」になりがちなのです。イベントも精力的に開催されてゐるやうだ。目標としたいブックカフェです。中野美代子、香山滋など、自分の趣味用の小説をつい買つてしまつた。
 「火星の庭」に紹介され、図書館脇のブックカフェ「マゼラン」に行く。(http://blog.magellan.shop-pro.jp/)まだオープンして10日とのことで、棚は埋まつてゐなかつたが、美術書、思想書が中心になりさう。わたしたちの世代の早熟な者は、ニューアカブームを見上げて育つた。その影響をうかがはせる本がそこかしこに……それにしては店長、やや若すぎる気も。よほど早熟だつたのだらうか? いろいろと情報をいただく。仙台の古書店のこと、開業前の準備のこと、など。

 東北大学近くの古書街を廻つたのち、牛タンを食べて帰つた。18時5分仙台発が終電。福島で豪雨のため電車の出発が15分遅れたが、黒磯に着いた時には3分遅れと云ふところまで回復してゐた。雨音烈しい車内で佐藤亜紀『ミノタウロス』を読む。臨場感があって愉しい。一人称の小説にしてあのラストはチャレンジだらう。どのやうな意図だつたのか。
(室長)東京古書店廻り
 土曜は土曜とてまた高円寺の西部古書会館。収穫は少なめ。その後神保町の古書会館の和洋会をのぞき、戦前に出版された『妖都』という小説を見つけ、驚く。著者が三上於菟吉である。大衆作家だ。ドイルの翻訳でも知られる。多少値が張るが、買ふことにした。美術倶楽部ひぐらしはだういふわけだかまたお休み。店の前に大量の酒瓶が出されてゐた。金子画伯のお誕生日パーティだつたのかもしれない。
 その後下北沢のブックカフェ、cafe ordinaire(オーディネールhttp://www.ordinaire.net/)に行つた。
 真つ白な内装がお洒落。クラウザーさんに暴れられさう。「本も置いたカフェ」と云ふ感じで、置かれてゐるものは文芸書・人文書中心。
 古道具屋をひやかし、渋谷に向かう。Flying Books(フライング・ブックス http://www.flying-books.com/)に。こちらはカウンターに4席があるのみの「お茶も飲める古本屋」で、美術書が中心。

 青山通りを進み、徒歩で日月堂へ。(http://www.nichigetu-do.com/)内装の参考資料を探してゐる、と相談してみると、昔の襖紙や壁紙の見本を出してくれたうえ、経営上のアドヴァイスなどもいただいた。感謝。励まされました。
(室長)乙女の力
 写真は土曜に行つた弥生美術館で買い求めたポスター。蕗谷虹児展開催中につき、中原の業績は「蕗谷虹児と同世代の作家」としてわずかに紹介されてゐるに過ぎませんが、虹児に宛てた淳一自筆の手紙が展示されてをりました。「ひまわり」誌の展示を前に、息子・娘とおぼしきお連れの方々に夢みるやうに同誌の思い出を語る婦人がをられました。

 さて、以前ひめゆりの塔に行つたことがある。このはなしは別のところでも書いたことがあるのですが、再度書きます。ひめゆり学徒たちがガマの中に残したものが展示されてゐるのですが、その中に淳一の少女画が描かれたカードがあるのです。やや過剰に荘重さを演出せんとする記念館には圧倒されるばかりだつたのですが、この淳一のカードをみたときは深く深く感動しました。暗い洞窟の中、おそらくその絵を見ることはかなわなかつたでせうが、そのカードを携へてゐると云ふことがどれだけ彼女を慰め、励ましたでせう。
 そして数年後、室長が広島に住んでゐたころ、原爆乙女の方と話をする機会が与へられました。繰り返し語られたであらう爆風や轟音、その後の避難生活などはもはや彼女にとつて物語と化してをり、生々しさが失われてゐるやうに思われました。話が終わり、何かご質問は? と促されたわたしは無礼にもそれまでの話と異なる「さういえばひめゆり記念館で中原淳一をみました。何か心の慰めになつたものはありますか?」と伺ってみたのです。
 その瞬間、老婦人の顔がかがやき、「まあ、まあ、中原淳一さん、本当に素敵だった!」と応えてくだすつたのです。それまでの「物語」を語る姿と異なり、活き活きとした様子で、復興後、洋服を手に入れるに苦労された話や、美味しいものを食べたお店の話などを聞かせてくれたのです。
 戦中戦後、「それいゆ」がどれだけの少女たちの心を励ましたことでせう。戦後日本を支えた中原淳一、どれだけ尊敬しても足りません。
(室長)淳一にも夢中
 大正イマジュリイつながりで。ここのところ中原淳一の業績について勉強中。淳一入門、と云ふことで評伝林えり子『焼跡のひまわり 中原淳一』新潮社,1984.を読んでゐます。幼少の頃の住環境などから丁寧に取材されてゐるのですが、推断が多く、読みにくいことこのうえない。ほとんどの記述が「おそらく……淳一は考えたであろう」だとか「この女宣教師の××が淳一に影響を与えたと思われる」などと結ばれてをり、もう少し書きやうが無かつたのか? と思つてしまう。淳一の死の直前に取材がはじまり、関係者の生な証言を多く採つているので仕方ないのかもしれませんが。その分、内容は面白いです。中村正常(中村メイ子の父)・藤田嗣治・中原淳一が三大おかつぱとして括られてゐた、などと云ふ余談も可笑しい。ちなみに一に大鵬、二に長嶋、三に三島の由起夫さんです、と云へば三大胸毛の……あいすいません。
 また、「ひまわり」と云ふロマンチシズムとは相容れぬイメージの花が何ゆえに象徴とされたのか、と云ふ分析は納得させられました。室長、わが身の不勉強を恥じいるばかり。
 その他の業績も各種ムック等で研究中。淳一えがく影絵には廃墟をモチーフにしたものなども散見されます。鮮明な色彩を封印したときに立ち上がるのは、大正イマジュリイの正当な後継者である淳一の姿。林の著作に中原を揶揄する雑誌記者の悪意に満ちた記事が引用されてをり、「中原は画家とは云えない。(挿絵でない絵に)夢二のような深みもない」(大意)などと書かれてゐるのですが、莫迦め、今でもその記者が生きていたなら、たとえ相手が老人であつても「阿呆! 惚け! 茄子! カス!」と罵倒するでせう。およそ何かを評する際に「深みが無い」などと言い放つのは、的確な評言を持たぬその者自身の脳味噌に深みが無いのです。あほんだら。
(室長)かいちに夢中
 未だ固定読者が想定できぬこのブログですが、小林かいちで検索される方が多いやうです。その次に多いのが成海璃子。
 かいちについてまとまつた記述がある書籍は『小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ 』「版画藝術」誌につきます。これらの書籍によりご家庭に眠つてゐたかいちが発掘されるとまた状況も変わるのでせうが。
 そういへば先日、梅田の阪急古書のまちに行つてみたらば、美術書専門店「りーちあーと」にてかいちの絵封筒がディスプレイされてをりました。版画の淡い色あひが美しい。中には前掲書に未掲載の同志社クローバーマークがあしらわれたものも。

小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ
小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ
小林 かいち,山田 俊幸,永山 多貴子


版画芸術 135 (135)
版画芸術 135 (135)

(室長)新刊書店と古書店と新古書店と福岡県と
 避暑地と呼ばれるやうなところに住んでゐるので新刊を目にしない。たまに池袋や八重洲の大型書店に行くと興味を惹かれる新刊で溢れてゐる。それを全てを買つてしまふほどの資力は無いが。開店準備に使ふお金と趣味の読書に使うお金とは別だ。
 新刊書店が好きで、古書店も好きだ。たまさか知遇に恵まれ、作家の方々と同席させていただくことがある。飛躍して順接するが、だからアラビクでは新刊も扱ふ予定だ。取次(本屋の問屋のことです)の目星もある。

 以下、立場を弁へずに書く。
 新古書店と呼ばれる店がある。たとえば「ブ」と通称される店だ。自由ヶ丘の西村文生堂の近くに出来てゐた。驚いた。新刊書店と変はらない雰囲気で、置かれてゐる本も新刊書店で買へるものばかりだ。2階にはカフェまであつた。
 ここまで新刊ばかり置いてゐると、(文生堂のやうな)専門性を持つた古書店にとつてはあまり脅威ではないのではないか、といふ気もしてくる……と書くのは、いち文生堂ファンとして楽観的すぎますよね。しかし「ブ」をより深刻な脅威とするのは街の古書店、新刊書店、出版社、作家たちだらう。
 近所に新古書店ができた新刊書店の万引き被害が増えたと仄聞する。直接聞いたわけではないが、「まあさういふこともあるだらう」とは思ふ。直接的な売上のライバル、といふ点のみならず、さういふ害を被る。パラサイトが宿主の生命を脅かしつつある。このパラサイトたちは宿主の生命が途絶へるとおそらく、そこで超え太つた体を利用して別の宿主を探すのだらう。別に本(屋)を宿主とせずともいいのだ。
 アマゾンのユーズドストアや新古書店を無視できないのか、多くの大型書店が新古市場に参入してゐる。新刊書店の生き残りに必要とあらば、それもいいだらう。結果的にパラサイトを駆逐できるならば。

 おそらく新古書店の害を最も深刻に被つているのは作家だ。
 作家の単行本の印税は一般的に10%程度と言はれてゐる。雑誌連載が単行本化されたものの場合は連載時に原稿料が発生する。一枚あたり数千円程度だ。現在の初版数は数千部程度。毎年コンスタントに2冊分の分量を執筆できる作家でも、(その作家たちと同等の学歴の)平均的な同世代のサラリーマンの年収の半分も得られないのではないか。
 新古書店の影響が初版の売上をどれだけ損なつてゐるのか、明確な統計はない。しかし影響がない、はずはないだらう。
 
 さて、転売目的の万引き防止策として、福岡県が意欲的な条例を定めた。本にシールを貼ることにしてゐるらしい。実体験のレポートは差し障りがあるといけないので「福岡 シール 本屋」などで検索してください。
 東野圭吾がエッセイで似た趣旨の提案をしてゐたのですが、この制度、ネットを見る限りではおおむね不評のやうです。愛書家、と胸をはるほどの身ではないけれど、本を愛する者として、わたしはこの制度に賛成します。いずれシールが蔵書票のやうな文化に育てばいい、と本気で思ひもします。デザインを損なう、といふなら、バーコードのほうがよほど無粋だ。そう、このシールもバーコードに貼ればいいではないか。あるいは書籍本体に予めシールの貼付欄を設ければいい。昔の本はみな、検印があったのだし。
 ただ、恐ろしいことが想像される。「シールを貼つてゐない本を新古書店・古書店は扱つてはいけない」というルールが適用されたら……「ブ」は殆どの書籍を廃棄するのではないか、といふことである。
予定は大事
 今日も今日とて古書即売会。いや、9日のことですが。
 西部古書会館から出てどうしやうかと迷ひながら、都丸書店を眺め、高円寺パル。その名も麗しき「アニマル洋子」は休みでした。古本兼業の洋品店で有名なお店です。

 その後所沢の彩の国古本祭に。いくつか珍しい本があつた。池袋にでてジュンク堂。Tokyo Reading Pressをもらつたところで疲れ、帰途。

 電車内でお気に入りの読書系ブログを閲覧してハツ! とした。明治大学で佐藤亜紀の公開講座があつたではないか。佐藤は素晴らしい作家。しかも新作「ミノタウロス」はウクライナを舞台にした話。ウクライナは友人もをり、親しみ深い土地。佐藤の講座のことはぼんやり知ってゐたのに。
 どつと疲れてしまつた。
(室長)小林かいち


 東京古書会館にてトークショー「小林かいちと大正イマジュリィの絵葉書たち」を聴講した。講師は帝塚山学院の山田俊幸教授、舞踊研究家の芳賀直子女史、「版画藝術」編集者の辺見海女史。
 小林かいちについての知識はまつたく無かつた(と言ふか、調べたとしてもパーソナルな情報がまつたく不明の作家)のですが、夢中になつてしまつた。一枚の絵葉書では図像的な面白さしかないのですが、組になると(4枚でひと組なのです)ストーリーが発生し、これが面白い。まだ市場に出てゐないという国書刊行会の書籍の早刷りも購入し、熟読してゐるところです。

 大正イマジュリィ(図像)を代表する竹久夢二については、正直なところ「下手な作家」としか思つてゐないのですが、かいちの洗練には驚かされました。骨牌、蝋燭、薔薇、十字架、廃墟といったモチーフと、繊細で大胆な色遣ひ。俯く女たち。ゴシックロリータやアナスイや、といったものがが好きな女性にも受けさう。
 山田教授の「夢二の叙情はすなはち抑圧された性」との指摘に芳賀・辺見の両女史が「かいちのセンチメンタリズムに、女性は抑圧された性など読み取らない」と反論(?)されたのが面白かつた。ふむ、かいち=女性とは誰も指摘しないのも興味深いね。さういえば大正イマジュリイの作家に女性はゐるのかしらん。

 ところでかいちが特集されてゐる「版画藝術」を後でひもとくと、作家・詩人の寮美千子さんが古邨特集に寄稿されてゐた。寮は「楽園の鳥 カルカッタ幻想」という傑作小説(そしてミステリ界の名伯楽・宇山日出臣の最後の仕事でもある)をものしてゐるのですが、この本のカバーも現代版画で、実に大胆なものでありました。

小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ
小林かいちの世界―まぼろしの京都アール・デコ
小林 かいち,山田 俊幸,永山 多貴子
(室長)5月12日-13日、東京に
 ところでこの記録は正かなで書かうとつとめてゐるが、間違ひも多からう。やさしく指摘頂けると幸いです。いまのところ正字は無理です。

 さて、東京に出てゐたので古書市を廻つた。中野サンプラザを起点に中央線沿線の古書店を廻り、東京古書会館、ビッグボックスといつたところを。サンプラザでは仙花紙の艶本などをまとめて買つた。中央線界隈では探偵小説などを買う。その後オメガスイーツのショウルームへ。セレクトされすぎた本屋は隙が無く、意外な掘り出し物などとは無縁の雰囲気。それもまた勉強。後、近代文学の専門店のいくつかに行く。長居して話を伺つた。勉強になつた。最近音信がとれぬ友人の近況も知れた。よかつた。
夜は学生時代の友人たちと新宿へ。居酒屋の後、バーに行つたら、みな学生時代からはちょつと変わつた銘柄を頼んでいた。小生はいつものズブロッカのあと、すすめられるままウイスキーを頼んだ。ずいぶんとスモーキーなもので、征露丸のやうな香りだつた。嫌ひではない。

 翌13日は埼玉県立近代美術館。友人と誘い合はせ、澁澤龍彦展に行つた。写真におさめられた青年澁澤の華奢な姿に驚く。展示は正直、初期に紹介されるものは「ベタ」な印象だが、いや、澁澤なかりせば「ベタ」と思うことすらなかったのだらうな。正当な美術史などを習う機会のなかつた身には、澁澤こそが先生であつた。圧巻は四谷シモン製作の天使像である。幾何学の結晶。
 ところで晩年の机の上に置かれてゐたといふ万年筆、パーカーのものであつたのが意外であつた。パーカーは made in U.S.A.である。

 重い荷物によろめきながら帰る。帰つてから納車の手続き。安く小さい中古車だが、荷物はたくさん積める。芋でも買うように買つてやる、と思つて中古車屋に行つたのだが、価格ばかり気にしたので芋買うよりも無頓着だつたかもしれん。車なんぞよりも、古本や什器に少しでもいいものを揃えたい。